やさしい腎臓病講座TOP » 腎臓病の種類別にまとめた原因や症状 » 多発性のう胞腎の原因と症状および対処法

多発性のう胞腎の原因と症状および対処法

 遺伝性の腎疾患としてもっとも頻度の高いものがこの多発性のう胞腎です。腎臓にのう胞という液体のたまった袋が数多くでき、それらが腎臓を圧迫。徐々に腎機能の低下にいたる進行性の病です。

悪化すると腎不全におちいり、また腎臓病の種類の中でも特有の合併症を引き起こす可能性があるため、脳動脈瘤・頭蓋内出血などの危険性が高い、注意が必要な病気です。

腎臓病の種類の中でも特有の遺伝性疾患

多発性のう胞腎によって医療機関にかかっている患者数は、推定でおおよそ30,000人とされています。かかっていない人を含めると全国で10~20万人の患者数がいるとされています。

遺伝性の腎疾患の中でももっとも頻度が高いといわれており、その遺伝確率は男女差関係なく50パーセントとも。また突然変異として新たに発症する例も多く見られます。発症には個人差があり、遺伝性の疾患ではありますがかなり遅くに発症するケースが多く見られるようです。

多発性のう胞腎の症状は?

多くの場合が30~40歳代まで無症状です。

初期の症状としてはスポーツなどによる体への衝撃後の血尿・腹痛・腰の痛みなどが見られ、のう胞が多くできてしまった状態では腎臓肥大によるおなかの張り・食欲低下・疲労感・夜間尿・息切れなどが見られます。

のう胞の感染・尿路結石・のう胞出血による急な痛み、腎臓肥大によって腎臓を覆う膜がのばされる慢性の痛みなどを感じたら、かなり進行した状態だと思っていいでしょう。

また合併症として高血圧が多くみられ、脳出血なども通常より高い頻度で起こります。高血圧からこの病気が発見されるケースも多いようです。

多発性のう胞腎の治療法

確立された根本的な治療法はありません。高血圧があれば血圧のコントロール、腎機能の障害がおこっている場合は、腎機能低下をおさえるなど保存的治療をおこなう場合がほとんどです。

症状緩和やのう胞を抑えることが期待されている薬剤の臨床試験がおこなわれており、その薬剤が有効であれば、未来の治療薬となるかもしれません。

さまざまな合併症

多発性のう胞腎の合併症でもっとも多く見られるのが高血圧です。高血圧から脳内出血などにもいたり、さまざまな全身の病気へとつながる可能性があるため、血圧管理が必要となるでしょう。

高熱や腹痛が起こった場合にはのう胞感染の疑いがあり、何度も繰り返す可能性があるため、のう胞の排液をおこなう場合もあります。血尿を伴った場合には尿路結石やのう胞出血の疑いがみられます。

もっとも注意しなければならないのが脳動脈瘤やくも膜下出血です。脳動脈瘤の家族暦がある場合には一般の5~10倍以上、発症年齢も40歳前後と一般に比べ10~20歳若いといわれており、致死的疾患であるため、多発性のう胞腎においてもっとも注意すべき点だといえます。

当サイトについて

当サイトは「食と腎臓病について考える会」が管理・運営している、腎臓病の基礎知識と役立つ情報をまとめたポータルサイトです。掲載しているコンテンツに関しましては、できる限り最新の情報を元にオリジナルの記事を作成しております。ただし医療機関や専門機関ではありませんので、疾病に関する専門的な相談や依頼は承っておりません。
また当サイトに掲載されている情報のご利用・ご活用に関しましては、自己責任でお願いします。万が一、掲載されている情報でなんらかの損害が発生したとしても、当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

私たち「食と腎臓病を考える会について」

管理栄養士・健康運動指導士
宮澤かおるさん

病院で管理栄養士をしていた宮澤さんに、自宅で簡単にできるおいしい腎臓病レシピをおしえてもらいました。

もっとみる

その症状、もしかしたら腎臓病かも?

腎臓病の治療法をわかりやすく解説

腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック

手軽にできる腎臓病食の献立レシピ

【特集】腎臓病の食事療法をサポートする「食事宅配」を上手に活用するコツ


腎臓病の方向け食事宅配サービス一覧

腎臓病の種類 その原因・症状・対策

腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム

運営者情報(食と腎臓病について考える会)