やさしい腎臓病講座TOP » 腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック » エネルギー(カロリー)摂取量を減らさないための工夫とは

エネルギー(カロリー)摂取量を減らさないための工夫とは

腎臓病の食事療法の中核にあるのが、たんぱく質制限です。ほとんどの食べ物にたんぱく質が含まれるため、「たんぱく質量を減らすことにより、1日の総エネルギー量も減ってしまう」という傾向があります。ついでにダイエットもできて好都合?いえいえ、そういうわけにはいかないのです。

腎臓病の食事療法で定められたエネルギーが摂取できないとどのような問題があるのか、摂取エネルギーを増やすためにはどうすればいいか、食事療法の治療効果を高めるために重要なエネルギー摂取のコツについて調べてみました。

なぜ摂取エネルギー量が減ってはダメなの?

腎臓病の摂取エネルギーについて

腎臓病の食事療法では、たんぱく質や塩分、リンやカリウムなど制限しなければならない成分が多くなります。そのため、どうしても食品のバリエーションが減って食が細くなる傾向があります。肥満気味の人であっても、食事療法で定められた総エネルギー量を下回るようなことがあると、日常の活動に必要なエネルギー源が確保できなくなってしまいます。

たんぱく質のページでくわしく説明しましたが、使えるエネルギーがなくなると、文字通り身を削ってエネルギー源を確保しようとします。体内のたんぱく質を燃焼させることによって腎臓に負担がかかりますし、筋肉量が減ると体を動かすこと自体が難しくなり、やせ細って抵抗力が落ちることもあります。慢性腎不全の場合、食事療法は生涯続きますので、しっかりエネルギーを確保することが大切なポイントです

一般的に生活習慣病を予防するためには、脂質や糖質は控えるべきと言われていますが、腎臓病の食事療法の場合は異なります。自分に必要なカロリーを脂質と糖質から摂って、治療が継続できるようにしましょう。 

どのくらいのカロリー(エネルギー)を摂取すべき?

医師の指示によって違いますが、1日に必要なエネルギー量の計算はこうなります。たとえば体重1キロあたり27~35kcalに設定する場合体重が60キロなら1,620~2,100kcalということになります。

標準体重は計算式「(身長:m)×(身長:m)×22」で求められますので、
身長160cmの人の場合、(1.6×1.6)×22=標準体重56.3kg

56.3kg×35kcal=1日の必要エネルギー量1,970kcal
ということになります。

3食+間食でこの1,970kcalが摂取できれば問題ないのですが、たんぱく質制限がある場合、たんぱく質を減らしながら必要なエネルギー量を摂ることが難しくなります。糖尿病性腎症のかたなどはその典型になりますので、必要なエネルギー量を摂取するための工夫が必要になってくるというわけです。

十分なエネルギー摂取量を確保するコツ

腎臓病患者さんが十分なエネルギーを確保するコツ

油や砂糖、ハチミツなどの糖類と、デンプン類を食事の中に取り入れましょう。同じ食材を使用していても、揚げ物や炒め物などカロリーが増える調理法へ変えるなど工夫をしましょう。

低たんぱくで高カロリーな食品を選ぶ、砂糖の代わりに使う「粉飴」、消化吸収がいい「MCT(中佐脂肪酸油)」など、腎臓病の治療用特別食品を活用する、毎日一度は油を使った料理をする…といった方法があります。そのほかにも…

  • 低たんぱくごはんなど主食を成分調製食品に変える
  • まぐろの赤身よりトロ、うなぎよりあなご、ヒレ肉よりロースやバラ肉を選ぶ
  • 春雨、くずきり、タピオカなど、でんぷん加工食品を取り入れる
  • たんぱく質の少ないゼリー飲料など間食をしっかり摂る

といった感じで工夫してみてください。

マヨネーズやサラダ油、ドレッシングなどは少量でもカロリーが高いので、意識的に摂るようにするとよいと思います。ただし、ドレッシングなどの調味料は塩分を多く含んでいますので、減塩タイプのものを選ぶようにしましょう。

当サイトについて

当サイトは「食と腎臓病について考える会」が管理・運営している、腎臓病の基礎知識と役立つ情報をまとめたポータルサイトです。掲載しているコンテンツに関しましては、できる限り最新の情報を元にオリジナルの記事を作成しております。ただし医療機関や専門機関ではありませんので、疾病に関する専門的な相談や依頼は承っておりません。
また当サイトに掲載されている情報のご利用・ご活用に関しましては、自己責任でお願いします。万が一、掲載されている情報でなんらかの損害が発生したとしても、当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

私たち「食と腎臓病を考える会について」

管理栄養士・健康運動指導士
宮澤かおるさん

病院で管理栄養士をしていた宮澤さんに、自宅で簡単にできるおいしい腎臓病レシピをおしえてもらいました。

もっとみる

その症状、もしかしたら腎臓病かも?

腎臓病の治療法をわかりやすく解説

腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック

手軽にできる腎臓病食の献立レシピ

【特集】腎臓病の食事療法をサポートする「食事宅配」を上手に活用するコツ


腎臓病の方向け食事宅配サービス一覧

腎臓病の種類 その原因・症状・対策

腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム

運営者情報(食と腎臓病について考える会)