やさしい腎臓病講座TOP » 腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック » 腎臓に負担をかける食品を知っておこう

腎臓に負担をかける食品を知っておこう

腎臓に負担をかけてしまう塩分の多い食べ物は意外に多いもの。ここでは塩分の多い加工食品とたんぱく質食品について説明します。

腎臓に悪い食べ物ってどんなもの?

腎臓の主な働きは、血液中の老廃物や塩分などをろ過し、尿として体から排出する役割です。そのため、塩分量が増加すると過剰に排出を行わなくてはならないため、腎臓に負担がかかってしまいます。

多すぎる塩分は高血圧とむくみを悪化させるので、気をつけなければならない成分です。また、たんぱく質からは老廃物が出るため、たんぱく質が多い食べ物ばかりを食べることでも、腎臓に負担をかける原因になってしまいます。

知らずに食べている塩分の多い食べ物とは

塩分を控えようとしても、日本人は昔からかなり塩っけの多い食生活を送ってきています。知らず知らずのうちに食べている物のなかに、塩分が思いのほか多く含まれていることも。そこで、以下に塩分の多い食品を挙げていますので参考にしてみてください。

ちなみに、塩分摂取の1日あたりの目標量は成人男性8g未満成人女性7g未満といわれています。※厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)より

麺類

ラーメンは塩分量が多いことが知られています。じつはスープではなく麺自体にも塩分が多く含まれています。麺のコシを出すために塩が必要なため、日本そばやうどんにも意外と多くの塩が使われているのです。

  • 醤油ラーメン/5.5g
  • みそラーメン/5.9g
  • きつねうどん/5.8g
  • 天ぷらそば/3.1g
  • そうめん/2.7g

市販のお弁当

コンビニのお弁当は塩分の多い食品。和風弁当でも3gを超えるものが多いので、購入の際は塩分表示を確認しましょう。

  • 塩分量目安:3g~5g

お菓子やスイーツ

何気なく食べている甘いお菓子にも、塩分が多く含まれています。甘いものは大丈夫だろうと思っていると、塩分摂取量が増えてしまいますので気をつけましょう。

  • ミスタードーナッツ オールドファッション/0.6g
  • ポテトチップス コンソメ 1袋 (60g)/0.6g

調味料&ダシ

意外と塩分量が多いのが調味料とダシ。調味料は塩分量が多く、調理の際も気をつけなければなりません。顆粒の調味料も意外と多くの塩分を含んでおり、パックのダシも2g~3gぐらい入っています。購入の際は表示ラベルを確認し、調理の際は使い過ぎに注意しましょう。

  • 醤油/大さじ1杯2.6g
  • ソース/大さじ1杯1.0g
  • ケチャップ/大さじ1杯0.5g

>>塩分の制限についてもっとくわしく解説したページを見る

 たんぱく質の取り過ぎにも気をつける

たんぱく質は体内で利用された後、老廃物になります。血液中の老廃物として腎臓でろ過されるのですが、たんぱく質が多い食べ物ばかりを摂取していると、腎臓に負担をかけてしまいます。

負担を最小限に抑えるには、良質なたんぱく質を摂取することが大切。良質なたんぱく質とは、アミノ酸の含有バランスが良いもののことで、バランスが良いものは体内での利用効率が良いうえ、余分な老廃物になるものが少ないのです。

動物性たんぱく質

肉、魚、卵、乳製品などの動物性食品に含まれているたんぱく質は、バランスの整った良質なたんぱく質です。かまぼこ、ロースハムなども良質なたんぱく質を持っていますが、塩分量が多いため、摂取には注意が必要になります。

植物性たんぱく質

大豆・大豆製品などがあり、動物性と同じくバランスの整った良質なたんぱく質です。アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオなどのナッツ類も植物性たんぱく質を持っていますが、カロリーが高いため、適量摂るように注意しましょう。

穀物などに含まれるたんぱく質

ご飯、パン、麺類などに含まれているたんぱく質はバランスが悪いため、摂取し過ぎには注意が必要です。

>>たんぱく質の制限についてもっとくわしく解説したページを見る

当サイトについて

当サイトは「食と腎臓病について考える会」が管理・運営している、腎臓病の基礎知識と役立つ情報をまとめたポータルサイトです。掲載しているコンテンツに関しましては、できる限り最新の情報を元にオリジナルの記事を作成しております。ただし医療機関や専門機関ではありませんので、疾病に関する専門的な相談や依頼は承っておりません。
また当サイトに掲載されている情報のご利用・ご活用に関しましては、自己責任でお願いします。万が一、掲載されている情報でなんらかの損害が発生したとしても、当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

私たち「食と腎臓病を考える会について」

管理栄養士・健康運動指導士
宮澤かおるさん

病院で管理栄養士をしていた宮澤さんに、自宅で簡単にできるおいしい腎臓病レシピをおしえてもらいました。

もっとみる

その症状、もしかしたら腎臓病かも?

腎臓病の治療法をわかりやすく解説

腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック

手軽にできる腎臓病食の献立レシピ

【特集】腎臓病の食事療法をサポートする「食事宅配」を上手に活用するコツ


腎臓病の方向け食事宅配サービス一覧

腎臓病の種類 その原因・症状・対策

腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム

運営者情報(食と腎臓病について考える会)