やさしい腎臓病講座TOP » その症状、もしかしたら腎臓病かも? » 腎臓病とはどのような病気か、その特徴を知っておこう » 尿蛋白がでる原因と腎臓病との関係

尿蛋白がでる原因と腎臓病との関係

尿検査をして蛋白の陽性反応がでた場合、考えられる腎臓の病気をご紹介。原因はさまざま考えられますが、腎臓が本来の機能を果たしていない点に着目することができます。

尿蛋白検索が陽性になる原因とは

尿検査をして、本来であれば尿にはあまり存在しないはずの蛋白が一定以上混じると尿蛋白の陽性反応がでます。腎臓が本来の機能を果たしていない可能性があると、蛋白質などの物質が尿に多く混ざってしまうからです。

 病気ではないとされる尿蛋白

尿検査の際、生理的蛋白尿(機能的蛋白尿)と言われ、生理的な影響で一時的に尿に蛋白がでる場合もあります。これは腎臓機能に障害があるのでも、病気が原因でもありません。

次のようなタイミングで尿検査を行うと、陽性反応がでることもあるようです。

  • 発熱時
  • 激しい運動の後
  • たんぱく質の過剰摂取後
  • 入浴後
  • 妊娠中
  • 生理前
  • 精神的ストレスがあるとき
  • 起立性蛋白尿(起立していることで腎静脈が圧迫されて起こるもの)

病気とされる尿蛋白は腎臓からのサイン?

蛋白質は尿に混じりやすいため、一度の検査で陽性でも、再検査で陰性になることもあります。このような場合は生理的蛋白尿だった可能性が高いのですが、再検査でも異常がでた場合は、以下のような病気の可能性が疑われます。

  • 糖尿病
  • 腎臓の病気
  • 肝臓の病気
  • 心臓の異常
  • 膀胱の異常
  • 前立腺の異常(男性の場合)
  • 妊娠中毒症

または、血液や体全体に影響する病気(※肥満症、高血圧、膠原病など)が原因により、腎機能を低下させているとも考えられます。

蛋白が尿にでてくるのは主に腎臓のトラブルが原因?

尿蛋白がでているという点で、まず疑われるのは腎臓に関する病気です。腎臓の病気には次のようなものがあります。

尿蛋白の原因は、腎臓そのものの機能低下によるところが大きいことがわかります。

ところが、一概に腎臓のトラブルとは言い切れないこともあるのです。それは、尿が作られる段階で見たとき、腎臓の前の段階と腎臓の後の段階で何らかの異常が起きて、蛋白がでていることもあります。

そこで、次のように病的な蛋白尿を区別します。

腎前性蛋白尿(腎臓より前段階の異常が原因で発生)

腎臓は正常ですが、腎臓以外の臓器の障害などが原因で血液中に蛋白の増加が起こり、腎臓での蛋白の再吸収が追いつかずに尿の中に排出されてしまいます。

腎性蛋白尿(腎臓の障害が原因で発生)

腎臓の障害による機能低下が原因で、蛋白が尿の中に排出されてしまいます。糸球体性蛋白尿、尿細管性蛋白尿の2つの障害があります。

腎後性蛋白尿(腎臓より後段階の異常が原因で発生)

腎臓の機能は正常ですが、膀胱などのような腎臓より下部の臓器の影響によって、蛋白が尿の中に多くでてしまいます。

腎臓と尿路について

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱に貯まります。そして尿意をもよおした際に、膀胱から尿道を通って体の外にだされます。このように、尿の通る腎臓、尿管、膀胱、尿道のことを尿路といいます。

尿蛋白の再検査でも陽性がでたら

尿の再検査でも尿蛋白の陽性反応がでた場合、なんらかの病気である可能性が疑われます。精密検査を受けることになりますが、まずは検査を受けるまでは安静にしましょう。

身体を動かしていると体を動かすために血液が臓器や筋肉を巡り、腎臓への血流が減ります。血流が減る中で体内の老廃物をろ過するのは腎臓にとって大きな負担となり、腎臓病ならば病気を悪化させることにもなりかねません。

精密検査を行い、病気の内容や病気の程度がわかるまでは、家事、仕事、運動などもできるだけ控えてください。とにかく安静にすることで腎臓を休ませ、腎機能の負担を減らしてあげましょう。

当サイトについて

当サイトは「食と腎臓病について考える会」が管理・運営している、腎臓病の基礎知識と役立つ情報をまとめたポータルサイトです。掲載しているコンテンツに関しましては、できる限り最新の情報を元にオリジナルの記事を作成しております。ただし医療機関や専門機関ではありませんので、疾病に関する専門的な相談や依頼は承っておりません。
また当サイトに掲載されている情報のご利用・ご活用に関しましては、自己責任でお願いします。万が一、掲載されている情報でなんらかの損害が発生したとしても、当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

私たち「食と腎臓病を考える会について」

管理栄養士・健康運動指導士
宮澤かおるさん

病院で管理栄養士をしていた宮澤さんに、自宅で簡単にできるおいしい腎臓病レシピをおしえてもらいました。

もっとみる

その症状、もしかしたら腎臓病かも?

腎臓病の治療法をわかりやすく解説

腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック

手軽にできる腎臓病食の献立レシピ

【特集】腎臓病の食事療法をサポートする「食事宅配」を上手に活用するコツ


腎臓病の方向け食事宅配サービス一覧

腎臓病の種類 その原因・症状・対策

腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム

運営者情報(食と腎臓病について考える会)