やさしい腎臓病講座TOP » 腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム » 腎臓病になると尿にどのような変化が起こるの?

腎臓病になると尿にどのような変化が起こるの?

腎臓病になったとき、尿の状態が普段とは違ってくるのでしょうか?
具体的にはどのような変化がみられるのでしょうか?Q&Aでお答えします。

尿と腎臓病のQ&A

健康診断でタンパク尿という結果が出ましたが、何かの病気の兆候ですか?

腎臓の病気が疑われます。
タンパクは、腎臓の糸球体と呼ばれる部位でろ過され、尿血管という部位で、再吸収されて血液中に戻るため、尿中に含まれることはありません。
再検査が必要です。同様に、血尿が出た場合にも検査が必要です。
この場合は尿道結石や膀胱炎なども疑われますが、タンパク尿と血尿の両方が結果として出ている場合には、腎臓に問題があると考えられます。

夜中に何度もトイレに起きてしまうのは病気ですか?

必ずしもそうとはいえません。就寝前の水分の摂り過ぎや、膀胱の老化現象による夜間頻尿、また、睡眠障害に伴うものや、原因不明の場合もあります。
ただし、高血圧や腎臓疾患などが原因の場合も多いので、そのまま放置せず、一度泌尿器科を受診しましょう。

腎臓病になると尿に異常があらわれるのですか?

尿の色がいつもと違っていたり、尿が泡立っていると感じたら注意が必要です。
また、尿の量が極端に増えたり減ったりした場合も同様です。
腎臓の機能が低下すると、尿を濃縮できなくなり、尿が多くなる→尿そのものを作りにくくなり尿が減る→腎臓の働きが停止して尿が作れなくなる、という経過をたどります。

なかなか気づきにくい腎臓病の自覚症状の中において、尿の異常はチェックしやすいものなので、日頃から注意しておきたいものです。
もしも同時にむくみや倦怠感、貧血や息切れなどの自覚症状がある場合には、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

尿毒症とはどのような病気ですか?

腎不全が進んだ状態です。
慢性腎不全だけでなく急性腎不全の場合にも見られます。

腎臓の働きが低下し、尿から排泄できなくなった毒素や、不要な老廃物が血液中に溜まることで、以下のような症状があらわれます。

・全身の倦怠感や疲労感がとれない、頭痛が止まない

・食欲の低下や吐き気が続く、または嘔吐してしまう

・息苦しい、咳が止まらない

これ以前にむくみや貧血、高血圧などの症状があらわれているはずですので、早急に病院で検査を受けましょう。
放置すると昏睡状態に陥るなど、生命に関わる深刻な事態を招くことになります。

《腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム一覧》

当サイトについて

当サイトは「食と腎臓病について考える会」が管理・運営している、腎臓病の基礎知識と役立つ情報をまとめたポータルサイトです。掲載しているコンテンツに関しましては、できる限り最新の情報を元にオリジナルの記事を作成しております。ただし医療機関や専門機関ではありませんので、疾病に関する専門的な相談や依頼は承っておりません。
また当サイトに掲載されている情報のご利用・ご活用に関しましては、自己責任でお願いします。万が一、掲載されている情報でなんらかの損害が発生したとしても、当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

私たち「食と腎臓病を考える会について」

管理栄養士・健康運動指導士
宮澤かおるさん

病院で管理栄養士をしていた宮澤さんに、自宅で簡単にできるおいしい腎臓病レシピをおしえてもらいました。

もっとみる

その症状、もしかしたら腎臓病かも?

腎臓病の治療法をわかりやすく解説

腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック

手軽にできる腎臓病食の献立レシピ

【特集】腎臓病の食事療法をサポートする「食事宅配」を上手に活用するコツ


腎臓病の方向け食事宅配サービス一覧

腎臓病の種類 その原因・症状・対策

腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム

運営者情報(食と腎臓病について考える会)