やさしい腎臓病講座TOP » 腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム » 腎臓病患者は腎臓に負担がかかるから運動が制限されてしまう?

腎臓病患者は腎臓に負担がかかるから運動が制限されてしまう?

腎臓病と診断されたときの運動制限について、Q&Aでお答えします。

腎臓病と運動やスポーツとの関係

腎臓病と診断されたら運動してはいけないのですか?

症状の程度によります。
以前は腎臓病といえば、運動制限が当たり前でしたが、最近では尿たんぱく減少の効果が見られるため、症状に応じて適度な有酸素運動指導がなされる場合もあります。

激しい運動は腎臓に良くないのですか?

腎臓には老廃物を取り除く働きがありますが、体の筋肉を使うことにより、クレアチニンや尿素などの老廃物がどんどん溜まるため、運動すればするほど、腎臓は忙しくなります。
また、運動して汗をかくと、体内の水分が急激に失われますので、腎臓は水分調整の働きもしなければなりません。
機能が低下した状態の腎臓にとっては、非常に負担がかかる状態ですので望ましいとはいえません。

どれくらいの運動ならば大丈夫ですか?

個々の症状にもよりますので、必ず医師の指導を受けることが必要です。
ただ、GFR(腎機能を示す指標)を目安に分けられる、慢性腎臓病の進行状況(ステージ1~5)によって次のように考えられています。

GFRは正常範囲なのに、尿中タンパクや微量アルブミンが出ていて腎臓に軽い障害がある段階のステージ1と2では、高度の蛋白尿がない限り、特に運動制限は必要ありません。
GFRが中程度の低下をみせ、夜間頻尿や貧血などの症状が生じてくるステージ3では、糖尿病や高血圧との関連がある場合、特に運動の効果が期待されるので、医師と相談の上、積極的な運動を心がけましょう。

今まで運動習慣がなかった人は、まずウォーキングから始めてみるのがよいでしょう。
むくみなどが全身にあらわれたり、透析や移植が必要となってくるステージ4と5では、腎臓の負担を少しでも軽減するために、過度の運動は制限されてきます。
場合によっては日常生活が制限される場合もあります。
けれど、全く運動しない状態も、体力の低下につながるため良いとはいえません。
必ず医師の指導を受けた上で、自分の症状に見合った定期的な有酸素運動(散歩程度の歩行など)を続けていきましょう。

透析を開始したら運動はできなくなるのですか?

最近では、透析治療を受けている患者さんに、運動指導を行う場合もあります。
透析治療そのものが生活に大きく影響を及ぼすため、治療と同時に、体力・筋力の低下が進んでしまう傾向があるからです。
症状によっては、有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングや軽度のスポーツが許可される場合もありますので、可能な範囲で積極的に取り入れていくことが望ましいでしょう。

《腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム一覧》

当サイトについて

当サイトは「食と腎臓病について考える会」が管理・運営している、腎臓病の基礎知識と役立つ情報をまとめたポータルサイトです。掲載しているコンテンツに関しましては、できる限り最新の情報を元にオリジナルの記事を作成しております。ただし医療機関や専門機関ではありませんので、疾病に関する専門的な相談や依頼は承っておりません。
また当サイトに掲載されている情報のご利用・ご活用に関しましては、自己責任でお願いします。万が一、掲載されている情報でなんらかの損害が発生したとしても、当サイトでは一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

私たち「食と腎臓病を考える会について」

管理栄養士・健康運動指導士
宮澤かおるさん

病院で管理栄養士をしていた宮澤さんに、自宅で簡単にできるおいしい腎臓病レシピをおしえてもらいました。

もっとみる

その症状、もしかしたら腎臓病かも?

腎臓病の治療法をわかりやすく解説

腎臓病の食事療法で気をつけるべきポイントをチェック

手軽にできる腎臓病食の献立レシピ

【特集】腎臓病の食事療法をサポートする「食事宅配」を上手に活用するコツ


腎臓病の方向け食事宅配サービス一覧

腎臓病の種類 その原因・症状・対策

腎臓病患者とご家族の疑問解決Q&Aコラム

運営者情報(食と腎臓病について考える会)